2020年03月27日

四日市 新築工事 足場が外れました!

四日市市で真行草が設計・施工している新築工事の足場が外れ、
いよいよ完成に近づいてきました!

四日市 外観.JPG

木と黒のガルバリウム鋼鈑のコントラストがきれいです!
バルコニーはアイアンと無垢の木で格子を組みシャープな印象に仕上げました。

四日市市 漆喰 天井.JPG

屋内は代表の河合が漆喰の仕上げをしている最中です。
壁とは違って天井を塗るのは一苦労・・・

しばらく河合が漆喰の工事をしています。
現場におりましたらご案内致しますので、ご見学をご希望の方はご連絡ください。

場所:近鉄霞ヶ浦駅付近
連絡先:河合(090-3380-9795)
※同業者の方はご遠慮ください。

追記:新型コロナウイルスの感染拡大防止の為、完成見学会の開催を断念します。


〜自然素材を使った家づくり〜

posted by 真行草 at 18:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 新築

2020年03月16日

津市 外構 延石の再利用

解体工事後に残った大量の延石を再利用します。
延石は飛び石に使われていたものや解体した門の基礎につかわれていたもので色や形もバラバラです。
津市 外構 延石 配置.JPG
今日の河合は石屋さん。
石を選んで必要があれば切断します。
石の移動と切断が大変。。。重いし固いしふらふら…なかなかいうことを聞いてくれません。。。(だから楽しい!?わーい(嬉しい顔)
仮置きしてお施主さんのご意見も聞きながら何回も勾配とバランスを確認しました。
津市 外構 延石 再利用.JPG
表面を水で洗うと落ち着いた石の表情が現れました。
長い年月を経てできる風合いは新しい石では出せません。
昔の石なので職人さんの石ノミの跡に苔が生えて素敵です。

お施主さんに「石が活かされて嬉しい。門からの眺めがいいですね〜」とお言葉をいただき苦労が吹き飛びました!
こんなに喜んでもらえてとっても嬉しいです!!

人が感覚で作るものは五感に訴えかける力があります。
自然がつくる素材の良さをくみとり柔軟に合わせていくことが大事だということを強く感じました。




タグ:工事の様子
posted by 真行草 at 09:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 外構・庭

2020年03月10日

津市 外構 土間洗い出し

先月建て方を終えた門の中の土間を、玄関ポーチと同じ玉砂利の洗い出し仕上げをすることになりました。
もちろん河合が自ら施工します。

玉砂利入りのセメントを塗り、水の引きを見計らいながら洗っていきます。
セメントが柔らかすぎると石がポロポロ取れてしまいます。

津市 洗い出し 刷毛.JPG

刷毛で余分なセメントを取り除きます。

津市 洗い出し スポンジ1.JPG

ひたすら表面をやさしく洗う…
むらがないように均一に…

津市 洗い出し スポンジ2.JPG

何度も繰り返すことで石の表面が出てきます。
海辺の砂が洗われるような瞬間でした。





posted by 真行草 at 18:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 外構・庭

2020年02月24日

新築に向けて 〜土地探し編〜

皆さん家を建てようと思うときはどんなときでしょうか?
家族構成の変化、子供の成長、転勤、介護・・・
理由は人それぞれ、タイミングも違いますよね。

家を建てる前に当たり前のことですが、まずは土地がないと始まりません。
注文住宅を建てる場合、土地探しで足踏みしてしまう方が多いようです。
通勤・通学・通院…など条件の優先順位は人それぞれ…
理想の土地を求めて5年、10年も土地探しをしている方が見えますが、
理想にぴったりの土地ははっきり言ってないと思ってください。
好条件の土地は早々に大手のHMが地区ごと買い占め自社で家を建てることを建築条件にしています。

不動産イメージ.jpg

今までプランする前に色々な土地を調査してきましたが、いつも思うのは「土地の値段は正直だな〜」ということ。
新しい区画で整備されていても交通が不便だったり、
日当たりが良くても段差のある土地で駐車スペースがとりにくかったり、
お値打ちだと思ったら、浄化槽や地盤改良が必要で結局高くついたり…
お値段も大事な条件ですからどこかで折り合いをつけないといけません。

もし、候補の土地が絞れたら設計士に相談してください。
専門的な建築条件を調べてどんな建物が建てられるかがわかってきます。
変形の土地は案外面白いプランになりますよ!

半年以上不動産を見ていると人気・不人気な物件もだいたい掴めます。不人気な物件は交渉の余地ありです。
自分とよく似た条件の土地を探している方は増えても、売物件がどんどん出てこないのが名前の通り‘不動産’。
タイミングを逃さないよう頑張ってください!













タグ:プラン
posted by 真行草 at 10:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 新築に向けて

2020年02月13日

納骨堂 漆喰塗

某設計事務所のご紹介で納骨堂の入り口に漆喰仕上げを施しました。
押え仕上げをしているので表面に光沢があります。(グレーの部分は下地です)
漆喰の白はいつも周りの空気を凛とさせるというか神聖な感じがします。
納骨堂 漆喰.jpg
漆喰は海のサンゴなどが化石化した石灰石を原料とします。
その石灰石を燃焼させた生石灰を、水・スサ・海藻糊などで練ったものが漆喰です。
水を含んだ生石灰は時間をかけて二酸化炭素を取り入れながら再び元の石灰石の状態へ戻っていく材料ですが、
「土に再び還る」という意味も含めて納骨堂にふさわしい材料と言えるのではないでしょうか?


寺社仏閣の施工例は河合左官のHPをご覧ください
posted by 真行草 at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | リフォーム