2021年05月03日

がんばらない家庭菜園 〜薬味を育ててみよう!〜

家庭菜園と言われると身構えしてしまいがちです。
特に一度植物を枯らしてしまった方では「自分は植物の栽培には向いていないな・・・」とすっかり自信の無い方も。

そんな方は薬味からチャレンジしてみてはいかがですか?
薬味の植物は土を選ばず病気もほとんどなくほったらかしでも育つのでおすすめです。
大物野菜とは違いそもそも収穫量を期待していないので失敗しても「まあいいか」で終わり(←これ大事!)
使う量は少なくても使いたい時にすぐにフレッシュな薬味が摘み取れるとすごく嬉しいものです!

家庭菜園 薬味 イメージ.jpg

実際に私が育てたおすすめを下記にご紹介しますので是非チャレンジしてみて下さい!

青しそ …スーパーで買わなくなるほど次々に葉を広げます。
     花は天ぷらにしてもおいしいです!
パクチー…パクチー好きにはたまらない!レースのような花もきれいです!
オレガノ…ピザやブルスケッタに少しのせるだけで本格的なイタリアンの味に近づきます。
     とても育てやすい!
パセリ …お料理の飾りだけではなくタルタルソースやキャロットラペに使えます。鉄分豊富!
バジル …摘芯することで次々にフレッシュな葉を収穫できます。虫が付きにくく育てやすい。

5月はなんと種まきや苗木を植えるベストシーズン!GWのステイホームだからこそできる楽しみです!
梅雨時期に入ると水やりの手間も少なくなり管理が楽になります。
1か月程で大きくなり、2か月以上収穫が楽しめるうえ、忘れたころにきれいなお花が咲いていたりしますわーい(嬉しい顔)

注意としては育てやすい=強靱なので大きくなったり増えたりします。その場合は切り戻しをしたり種を付けないようにします。そしてやはり虫がやってきます。虫ごと摘み取って取り除き、きれいな葉を使うようにしてください。
(ハーブはちょっと厄介な種類もありますのでまたご紹介しますね!)

上手く育つとだんだん自信もついて色々チャレンジしたくなってきますよるんるん
私もまだまだ育てたい種類がいっぱい!成功したらご報告します(^O^)/


関連記事
バジルを育てました








posted by 真行草 at 08:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らしのヒント