2021年03月30日

花粉アレルギーは誰のせい?

花粉アレルギーに悩まされるこの季節
花粉が飛び交う山を見ると杉や桧は全部抜いてしまえー怒り(ムカッ)と言いたくなってしましますよね。
でもちょっと聞いて下さい!

スギ花粉イメージ.jpg

花粉の問題は杉や桧の木そのものではなく、放置された山にあります

杉や桧は成長が早く加工しやすいので建材として昔から使われてきました。
柱として使えるようになるには樹齢20年以上を要します。

先人達は次世代の人が困らないように、伐採した山に苗木を植林し林業は受け継がれてきました。
ところが高度成長期に入り鉄骨や鉄筋コンクリート、外国産の安い木材の需要が高まると以前のように国産の木材を必要としなくなっていきます。

国内産の木材の値段は下がり、年月と手間を要する林業からだんだん職人も離れて行きました。
こうしてせっかく先人達が植えた杉や桧も放置され老木化していったのです。

実は成長過程の若木は花粉を付けません。
花粉を付ける木の殆どは樹齢20年以上の木です。これは植物が子孫を残すために種を付けるという自然の原理です。
昔のように山をきちんと手入れし伐採と植林のサイクルを保てば花粉でこんなに悩まされることはないかもしれません。

これから山を見るとき、花粉を恨めしく思う前に山の在り方について思いを馳せてみては如何でしょうか?

杉や桧は国内で生産できる優秀な建材です。
特に三重県は杉・桧の山が多く林業も盛んです。
木を大事に使い山を守っていきたいですね!





posted by 真行草 at 17:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 建築よもやま話

2021年02月20日

依頼先の請負内容を把握しよう

以前書いた記事 “新築に向けて 〜業者選び編〜” の中で家づくりをサポートする会社は様々ですと書きました。
設計事務所・工務店・ハウスメーカー・大工さん・・・etc.

依頼先イメージ.jpg

建築の大まかな仕事内容は設計・見積・発注・建築工事・監理・現場管理ですが持っている免許・登録・許可等の内容で請負出来る仕事や規模が違うので、どんな違いがあるのかを端的に答えるのはなかなか難しいです。

例えば・・・
報酬をもらって設計・監理をするには設計事務所の登録が必要
 (持っている免許の種類で範囲が分かれています)
一定の規模以上の建築工事をするには建設業の許可が必要
 (建設業の中で更に専門分野の種類や範囲が分かれています)
・・・ですが、登録や許可が無い場合、外注(分離発注)することになります。

同じ建設業を例にとっても・・・
・設計は外注している建設業
・設計事務所を登録している建設業
・宅地建物取引業を営む建設業
・専門の工事のみ請負う建設業
・・・などなど、業務内容は様々で得意分野も異なります。

○○建築、○○工務店、○○設計、○○ホーム、○○組・・・etc.と社名は自由なので混乱してしまいますが、登録や許可を提示し業務内容や外注先をきちんと説明できるところでお願いしたいですね。

ちなみに「真行草」では設計事務所(一級)の登録と建設業(一般建設業)(左官工事業)(石工事業)(タイル・ブロック・レンガ工事業)の許可を得ています。
代表の河合が左官業の三代目なので「河合左官」の屋号が残っていますが、一般建設業もしています。ややこしくてすみません・・・ふらふら


posted by 真行草 at 12:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 建築よもやま話

2020年11月14日

みんな考える事は同じ? 年末は職人さん争奪戦!

誰もが家を綺麗にして清々しく新年を迎えたいと思うものです。
年末に向けて少しづつ準備していく予定を立てても思い通りに進まない方は多いのではないでしょうか?
また、この時期多いのが掃除中のトラブル。
障子・網戸・襖を破いてしまった。ガラス・電球を割ってしまった。掃除したら逆に汚れてしまった。などなど

(いっそのこと業者に依頼しようか・・・)

みなさん考える事は同じで年末は業者がなかなかつかまりません。
業者さんの中には10月の終わりには既に年末までの工事がいっぱいという方もみえます。

年末職人争奪戦イメージ.jpg

特に人気の工事はこれ↓

建具 ・・・障子の貼替え・襖の貼替え・ガラスの補修
掃除 ・・・水廻りの掃除・エアコンのカビ取り
庭師 ・・・庭木の剪定
左官 ・・・和室の塗り替え・土間の補修
クロス・・・貼替え・反抗期のパンチ跡の補修(笑)
畳  ・・・畳表の張替え

上記の工事に伴って下記の業者さんも忙しくなります。↓

電気 ・・・壁紙の貼替え・塗替えなどでプレートやエアコンの外し
給排水・・・パッキンの取り替え・物が詰まった等
大工 ・・・困ったときの大工さん???

忙しくなってくると業者さん同士でも職人さん確保に必死になってきます。
運良く職人さんを確保しても大手メーカーは早々に冬期休暇を始めている場合があり、そうなると材料すら入りません。
(もう少し早く連絡もらえれば何とかなったのになぁ・・・)と思うことも毎年のようにあります。
年末は大掃除だけでなく年賀状・仕事納め・冬休み中の子供達の世話・お料理の準備などすることがた〜くさんっ!
12月になる前に工事の依頼は早めに予約しましょう!



posted by 真行草 at 17:37| Comment(0) | 建築よもやま話