2020年02月13日

納骨堂 漆喰塗

某設計事務所のご紹介で納骨堂の入り口に漆喰仕上げを施しました。
押え仕上げをしているので表面に光沢があります。(グレーの部分は下地です)
漆喰の白はいつも周りの空気を凛とさせるというか神聖な感じがします。
納骨堂 漆喰.jpg
漆喰は海のサンゴなどが化石化した石灰石を原料とします。
その石灰石を燃焼させた生石灰を、水・スサ・海藻糊などで練ったものが漆喰です。
水を含んだ生石灰は時間をかけて二酸化炭素を取り入れながら再び元の石灰石の状態へ戻っていく材料ですが、
「土に再び還る」という意味も含めて納骨堂にふさわしい材料と言えるのではないでしょうか?


寺社仏閣の施工例は河合左官のHPをご覧ください
posted by 真行草 at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | リフォーム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187341966
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック