2020年03月16日

津市 外構 延石の再利用

解体工事後に残った大量の延石を再利用します。
延石は飛び石に使われていたものや解体した門の基礎につかわれていたもので色や形もバラバラです。
津市 外構 延石 配置.JPG
今日の河合は石屋さん。
石を選んで必要があれば切断します。
石の移動と切断が大変。。。重いし固いしふらふら…なかなかいうことを聞いてくれません。。。(だから楽しい!?わーい(嬉しい顔)
仮置きしてお施主さんのご意見も聞きながら何回も勾配とバランスを確認しました。
津市 外構 延石 再利用.JPG
表面を水で洗うと落ち着いた石の表情が現れました。
長い年月を経てできる風合いは新しい石では出せません。
昔の石なので職人さんの石ノミの跡に苔が生えて素敵です。

お施主さんに「石が活かされて嬉しい。門からの眺めがいいですね〜」とお言葉をいただき苦労が吹き飛びました!
こんなに喜んでもらえてとっても嬉しいです!!

人が感覚で作るものは五感に訴えかける力があります。
自然がつくる素材の良さをくみとり柔軟に合わせていくことが大事だということを強く感じました。




タグ:工事の様子
posted by 真行草 at 09:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 外構・庭
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187277620
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック