2019年07月15日

津市 古民家 リフォーム始まりました

津市の古民家でリフォーム工事が始まりました。
今まで左官工事や建具工事など何度か工事を頂いています。
今回は台所の改装です。
主な工事は・・・
@吹抜の寒さ対策として天井に開閉式の建具の設置
A台所の天井の断熱材充填と羽目板張り
B壁の塗り替え
・・・です。
津市 古民家 G 工事前1.JPG


古い民家では屋根裏は暖かく湿度管理がしやすいため「蚕室(さんしつ:蚕を飼う場所)」になっていることがが多く、とても広いです。
夏は涼しくていいのですが、冬は暖気が上へ逃げるため開閉式の天井を設けることになりました。

津市 古民家 G 工事前2.JPG
下屋の部分は野地板が表しになっているので、断熱材を入れて杉板で仕上げます。
津市 古民家 G 工事前3.JPG
壁は煤(すす)で汚れていたり、ヒビが入っていたり、浮いてきている箇所もあります。
何度もリフォームされてきたせいか壁の仕上げもまちまちです。
施主様はエコに関心が高い方で出来るだけ天然素材を使いたいとのご希望でした。

8月にお客様が泊まりに来られるとのことですので、お披露目できるよう頑張ります手(グー)




タグ:古民家
posted by 真行草 at 13:37| Comment(0) | 工事の様子
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。