2019年11月28日

津市 庭石の移動

庭木の伐根が終わり使わない庭石を撤去することになりました。
悩みの種だった2t以上の大きな石もすんなりと撤去。
やはり専門の方は石の扱いも慣れてみえます。

庭の築山にはシンボル的な石があります。
私も施主様も気にしていなかったのですが、石屋さん曰く「配置がおかしい」のだそう、
このままでは墓石のように見える。もっと寄り添うように添え石を配置すべきだとか…
客間からよく見えるのでここは専門の方の意見に従うのが良さそうです。
津市 庭 石.JPG
石を動かすと素人の私でもなんとなくしっくりきた感じがしました。
下に添えた石の表情が川に見えて奥の石が雄大な山に見えてきます。
石に自然に根付いた紅葉も想像を膨らませます。
(この状態ではせっかく直した石も可哀そうですね、早くさっぱりさせないと…)

津市 庭 チェーンブロック.JPG
リビング前の石もついでに移動しました。
こちらはクレーンが入らないのでチェーンブロックで移動です。
30分ほど作業を見ていたのですが、短い間に何度も石の向きを変えて置き直していました。
石屋さんのプロ意識を感じます。

石の表情はきれいな面が表というわけではなくどう見せたいかによるのだそう、
少しの傾きで石の表情が変わる奥の深いものでした。



タグ:工事の様子
posted by 真行草 at 00:00| Comment(0) | 外構・庭

2019年11月18日

四日市 新築住宅 工事始まりました!

四日市市で真行草が設計・施工の新築工事が始まりました♪
建方(たてかた)の日は朝から小雨でしたが、だんだん晴れて一安心・・・

四日市 建方1.JPG
今回はプレカットで加工しました。(工場の機械で組み手を加工)
10人程の大工が応援に集まりどんどん柱が建っていきます。
それでも、広めの家ですので時間がかかります。
「あぶないっ!!」「しっかり持てっ!」「こっち誰か手伝って!」大工の声が行き交います。
四日市 建方2.JPG
2階が終わる頃にはすっかり晴れました。
軒裏は木部を化粧で見せますので、ここからは大工の手加工です。
四日市 建方3.JPG
晴れの日のうちに屋根下地・屋根のルーフィング(防水シート)を貼りました。
雨が降るまでにここまで終わると一安心です・・・

現場の見学をご希望の方はご連絡ください。



タグ:工事の様子
posted by 真行草 at 14:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 新築