2019年09月20日

津市 庭の工事が始まりました

津市で外構工事の依頼をいただきました。
実は新築工事の左官工事から、鉄骨階段・ウッドデッキの工事もいただいております。
外構工事は何社かお見積りされたそうですがご決断に至らなかったそう、
理由をお伺いすると…

「広い庭なのでどこを優先していいかわからない」
「総合的にしきってもらえる業者がいない」
「イメージが沸かない、なんだかワクワクしない」
「斬新すぎて使い勝手が悪く予算がかかるプラン・既製品ばかりで建物に合わないプラン」
「既製品と造作を組み合わせて建物に合った外構はできないか?」

ということでした…

以前に軽くスケッチでご提案したのを気に留めておられたようで、建築業の経験もあることからご依頼いただきました。
和風の広い庭は植木や石が多く手入も大変とのことですが、お話を伺っていると現在の庭への思い入れも感じます。
「まずは草刈りをして要らない石や植木を処分し、庭全体がどうなっているか把握してみませんか?」
とご提案しました。

伐根工事初日は暑い日で汗だくです。
夏場の草抜きはどんなに大変だったかお察しします。
津市 庭 植木伐根.JPG
残されたい木は印してもらい、他はどんどん抜いていきます。
庭の全貌が見えてくると同時に庭石もたくさん出てきました。
津市 庭 植木伐根後.JPG
草木を処分し石を移動したただけで随分すっきりしました。
赤松を囲んで椿にツツジ馬酔木と季節を楽しめる素敵なお庭です、
庭木も立派に育っているのでこのお庭の良さを活かす方向で工事を進めます。

残った石をできるだけ使うようするにはどうしたら良いかが今後の課題です。




続きを読む
タグ:工事の様子
posted by 真行草 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 外構・庭